仮想通貨のICOとは何?新しい資金調達の制度について

仮想通貨のICOとは何?新しい資金調達の制度について

仮想通貨のICOとは何?新しい資金調達の制度について

 

仮想通貨のICO

 

仮想通貨のICOとは、フル表記ではInitial Coin Offeringといいます。新規仮想通貨公開と訳されている、企業やプロジェクトの資金調達方法のひとつです。以下にこの仮想通貨のICOとはどういうものなのかをまとめていますので、参考情報としてお役立ていただければ幸いです。

 

新しい資金調達手段!ICOはどんなもの?

 

ICOは資金調達を行ないたい企業やプロジェクトが、独自の仮想通過をつくり、購入してもらうことにより資金を確保する方法です。これまでにもあった新規株式公開(IPO)にかわる資金調達の方法として、熱視線が注がれています。

 

 

ICOには数多くのメリットがあり、調達した資金に関しては、配当の支払いだけでなく株式の発行も不要で、また利子の支払いも発生しません。また、出資の対象となる事業の価値を、資金を提供してくれる人に対して提示することも求められないです。

 

仮想通貨のICOとは何?新しい資金調達の制度について

 

さらに仮想通貨による支払いのため、ネット上で支払いは完了し、国内だけでなく海外のマーケットに対して資金の提供を働きかけることができます。

 

 

 

駆け出しで小規模な企業や個人が手を出せる点も、ICOの魅力のひとつであるといえるでしょう。ほかにはICOでは議決権が与えられないため、事業の運営に口出しされる可能性が限りなく低く、自由に経営が行なえるところもメリットのひとつです。

 

出資する側にも魅力的なICO

 

ネット上で支払いが完了するという手軽さのほかにも、出資する側のメリットは複数あります。出資者が買い求める仮想通貨はトークンやコインとよばれるものです。

 

 

 

このデジタル通貨には、価値が高まり価格が上昇する見込みがあります。そして価格が高まったトークンやコインは、ネット上で好きなタイミングで売却することが可能です。出資者側としても、ここで儲けを出すことができるというメリットがあるわけです。

 

 

 

また、出資する側としては、大金を注ぎ込まなければいけないというわけではありません。少額から出資することが可能であり、投資をはじめるためのハードルが低くなっているというのもICOの特徴のひとつといえるでしょう。

 

 

 

ICOは過去にブラウザをつくる企業が一瞬で、日本円にして30億円以上を調達した事例もあります。国内でもICOを利用した資金調達は行なわれるようになっており、多額の資金調達が実現しています。投資される側、する側の双方にメリットのあるICO、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。