バイナンスでの仮想通貨の買い方・売り方は?日本語だけで大丈夫

バイナンスでの仮想通貨の買い方・売り方は?日本語だけで大丈夫

バイナンスでの仮想通貨の買い方・売り方は?日本語だけで大丈夫

 

バイナンスでの仮想通貨の買い方

 

バイナンスで仮想通貨を買ったり売ったりするときには、日本語だけで大丈夫なのか心配になるかも知れません。海外の仮想通貨取引所なので、英語だけで上手く仮想通貨の購入や売却が出来るのか不安になるでしょう。

 

 

バイナンスでは日本語だけで取引きが出来るのかとか、仮想通貨の買い方や売り方はどうするのかを調べてみました。

 

バイナンスでの仮想通貨の買い方とは?

 

実はバイナンスのホームページは日本語表示に出来るので、仮想通貨の売り買いをするときには日本語だけで設定が出来ます。バイナンスで仮想通貨を買う時には、どうしたら良いのでしょうか。

 

購入は取引センターから

バイナンスでの仮想通貨の買い方・売り方は?日本語だけで大丈夫

 

最初にメイン画面の取引センターに、ポインタを持って行って下さい。取引センターから仮想通貨の購入手続きは始まります。

 

オススメはベーシックモード

バイナンスでの仮想通貨の買い方・売り方は?日本語だけで大丈夫

 

初心者向きのベーシックモードと、チャート指標なども確認できるアドバンスモードを選ぶことが出来ます。

 

 

 

テクニカル分析などをする場合は、アドバンスを選ぶと良いと思いますが、初心者の場合はベーシックを選ぶと分かりやすいですよ。ベーシックでもチャートの移動平均線など、基本的な指標は出てくるので安心して下さい。

 

買いたい仮想通貨を選んでみる

 

取引をするためのベーシック画面を開いた後は、買いたい仮想通貨を選んでいきます。買いたい仮想通貨を選ぶために、注目したいポイントが一つあります。

 

基軸通貨に注目する

バイナンスでの仮想通貨の買い方・売り方は?日本語だけで大丈夫

 

基軸通貨というのは、購入をするときに価格表示などの元になる通貨のことです。一般的には一番メジャーな仮想通貨が基軸通貨となっていますが、アルトコインなどを選ぶことも可能です。

 

 

 

画面の右上に表示されている基軸通貨が、自分の持っている通貨であることを確認したら、その下に表示されている仮想通貨一覧から自分の買いたい通貨を選んで下さい。買いたい通貨の項目を押すと、仮想通貨のトレード画面へ切り替わります。

 

仮想通貨を買う手順をチェックしておこう

 

実際に仮想通貨を購入するときにチェックしなければならない項目が三つあります。

 

★売板
★買板
★注文フォーム

 

売板と言うのは、仮想通貨を売りたい人が表示している価格の一覧表です。もし自分が買いたいと思っている通貨が希望に近い価格で売られているなら、その項目をクリックすれば購入を申し込めます。

 

 

 

買板というのは、通貨を買いたい人の希望価格を表示している板です。自分が希望している価格が表示されているので、その価格で売りたい人が売却を申し込んでくるまで待つ必要があります。

 

 

 

売りにしても買いにしても、注文するときはこの注文フォームから行ないます。買いの時には左側にあるフォームを使って行きますし、売りたいときには右のピンクのボタンの側のフォームを活用します。

 

 

 

通貨を買いたいときには、売り板に出ている金額の中から一番安い項目を選んで下さい。その後は緑色のボタンの購入フォームに価格と数量を入れて終わりです。

 

仮想通貨の売り方はどうしたら良いのか

 

仮想通貨を売りたいときには、取引センター画面の中で、どの通貨を売ってどの通貨を買いたいのかを選択して下さい。手持ちの仮想通貨を売りたいときには、可能な限り高く売りたいので、買板の価格の一番高い項目を選びたいと思います。

 

 

 

一番高い項目を選ぶと、自動的に価格の欄に選んだ値段が表示されます。どれくらいの量を売りたいのか数量を入れて、ピンクの売却ボタンを押しましょう。

 

売り注文は売却完了ではない!

バイナンスでの仮想通貨の買い方・売り方は?日本語だけで大丈夫

 

売却ボタンを押したときに注意すべきなのは、この時点で売却手続きが終わったわけでは無いことです。あくまで売り注文を出しただけなので、安心してはなりません。少しだけ待っていると、売却が完了したことが知らされます。

 

 

 

最後に取引センターの画面の左下を見て、注文の履歴を確認しておきたいと思います。状態の欄が制約になっているなら売却待ちで、Filledが表示されると売却が完了したことが分かります。

 

 

 

バイナンスでの仮想通貨の買い方や売り方は、取引センター画面をメインで使っていきます。ほとんど日本語だけで操作できるので、初めてでも気軽に試して見られそうですね。