仮想通貨のビットコイン先物取引とは?今後どのように変化するのか

仮想通貨のビットコイン先物取引とは?今後どのように変化するのか

仮想通貨のビットコイン先物取引とは?今後どのように変化するのか

 

ビットコイン先物取引

 

仮想通貨ビットコインの先物取引とは一体どういったもので、この先どうなっていくのでしょうか。後発の投資手法ではありますが、注目度の高い先物取引。これから投資をはじめたいと思っている人は、基本的なポイントを押さえておきましょう。

 

仮想通貨ビットコイン先物取引の特徴

 

先物取引には満期日が設定されており、その前に差金決済をすることにより取引を終了させることが可能です。満期日まで反対売買をして差金決済をしなかった際には、自動的に差金決済が行なわれることになります。

 

 

 

この場合、満期日に向けて現物価格と違わないほうへと価格は変動します。高い先物を売却し、安い先物を購入することにより利益を得ることが可能です。

 

仮想通貨のビットコイン先物取引とは?今後どのように変化するのか

 

ほかには、先物取引は売りでスタートできることや、レバレッジをかけて取引できることも特徴として含まれます。いずれにしても差金決済が避けられないという仕組みになっているわけです。

 

 

 

また、少ない資金でもレバレッジを賭けることにより大きな金額で投資をし、大きな利益を得られるチャンスがあります。

 

今後の展開は意見がわかれている

 

急騰したり急落したりということが、たびたび取り上げられる仮想通貨のビットコイン。このような現象が起こる原因のひとつとして、個人が取引に参戦していることが指摘されています。

 

 

 

この点に関し、先物の上々により財力や情報力に優れている機関投資家が参戦してくることによる変化が見込まれています。価格が急落し瞬間的なショックを受け、コインを処分してしまうということが減り、価格変動の不安定さがなくなるのではといわれています。

 

 

 

また、先物取引ではもし売却によって価格が一過性に極端に低くなっても、満期で買い戻しが必要なため、際限なく金額が落ち続けることもありません。そのほか、機関投資家が参戦することで、個人の投資家がアドバンテージをとれなくなるという指摘もあります。

 

 

 

たとえば、財力のあるヘッジファンドは故意に多くの売りを発注し、個人が想定外のことに出くわして急いで売却したタイミングで買い戻す。そのことによりヘッジファンドは儲けるなどというような荒業も可能であり、個人が手を出すには慎重さが求められるということができるでしょう。

 

 

 

もちろん、ここであげた例がそのまま実現するわけでは限りません。話題性だけで手を出すのではなく、自分に合っている投資手法なのか、トレンドが過ぎる前に情報収集をし、チャレンジしてみることが大切です。