仮想通貨へのビットコイン投資をするならセキュリティの意識も高めよう

仮想通貨へのビットコイン投資をするならセキュリティの意識も高めよう

仮想通貨へのビットコイン投資をするならセキュリティの意識も高めよう

 

仮想通貨のセキュリティー対策

 

仮想通貨ビットコインの投資を行なうにあたり、自分でできるセキュリティ対策を知っておくことはおすすめです。というのも、通貨には盗難、紛失のリスクがあります。自分のものは自分でしっかりと守るという意識を持つことが重要です。

 

最低限押さえておきたいこと

 

悪意のある第三者にパスワードが破られてしまうのを防ぐため、最低限しておきたいことがあります。まずは、単純なパスワードにしないということです。文字数は多いほど、大文字小文字の英数字が混在していて、記号も入っているのが望ましいです。

 

 

 

推測されやすい固有名詞や連番はパスワードとして弱いため、設定するのはやめておいたほうがいいでしょう。また、パスワードというと、いちいち確認するのが面倒で、さまざまなサイトで使いまわしている人が少なくありません。

 

仮想通貨へのビットコイン投資をするならセキュリティの意識も高めよう

 

ひとつのパスワードが破られてしまうと、次々と別のサイトも破られるリスクがあるため、使いまわすのはやめたほうがいいです。ほかに自分でできるセキュリティ対策として最低でもやっておきたいのが、二段階認証です。

 

 

 

二段階認証を設定したスマートフォンがないと重要な操作を行なえなくなるため、悪意のある人間によるログインや出金の回避率が高まります。

 

できれば導入したいハードウェアウォレット

 

仮想通貨はオンライン上にあれば、絶えずハッカー攻撃などによる盗難、紛失の危険にさらされています。ハードウェアウォレットは外部記憶装置であり、オフラインでの通貨の保管が可能です。

 

 

 

ある程度購入費用はかかりますが、通貨を失った場合の損失のほうが大きく上回るのであれば入手しておきたいアイテムといえます。仮想通貨をハードウェアウォレットに移しておくことにより、盗難や紛失被害から守ることができます。

 

 

 

なお、中古品には不正なプログラムが組まれているリスクがあり、盗難被害に遭う恐れがあるため、新品を入手しましょう。現に、大手のフリマアプリではハードウェアウォレットが出品禁止物に追加されています。

 

 

 

ほかには、リカバリーフレーズは正確にメモしておくことが大事です。誤りがあればウォレットの復帰が不可能となり、入っている通貨を取り出すことができなくなってしまいます。

 

 

 

取引所での盗難、紛失騒ぎがメディアでよく取り上げられていますが、安全性の対策を完全に取引所任せにするのはよくありません。個人レベルでできることはここで述べたようにいろいろとありますので、ぜひ実践して通貨を守りましょう。