仮想通貨ビットコインFXのレバレッジ倍率はどれくらいが最適なのか

仮想通貨ビットコインFXのレバレッジ倍率はどれくらいが最適なのか

仮想通貨ビットコインFXのレバレッジ倍率はどれくらいが最適なのか

 

レバレッジ倍率

 

レバレッジ倍率は高ければ高いほど仮想通貨ビットコインFXで大きな利益を獲得できるチャンスがあります。最大レバレッジ倍率25倍に設定されている取引所も存在します。

 

 

 

どんどん上がっていくイメージがあるため倍率は高ければ高いほどいいと思う人もいるでしょうが、そうとは限りません。

 

仮想通貨ビットコインFXのレバレッジ倍率と強制ロスカット

 

まず、取得した価格に対して時価が安くなっており、もし売却した場合に損失が出る場合は含み損が出ているといいます。ロスカットというのは、この含み損が所定の金額になった時点で強制的に決済されるシステムです。

 

 

 

ロスカットされてしまうとビットコイン取引が不可能となり、損失だけが残ってしまいます。レバレッジ倍率が高いほど、ロスカットされるリスクがあります。ビットコインの価格変動は激しく、1日に10%ダウンするようなことも珍しくありません。

 

仮想通貨ビットコインFXのレバレッジ倍率はどれくらいが最適なのか

 

あまり高率なレバレッジでは、数%の価格の低下でロスカットに引っかかってしまいます。乱高下するのが当たり前の仮想通貨の業界では、暴落に耐え得る倍率にしておくに越したことはないでしょう。

 

 

 

長期的に見れば儲かる見通しでも、一時的な価格の下落で強制退場を食らうリスクが高まるのが、倍率の高いレバレッジの不安要素です。

 

結局のところ何%がベストなの?

 

この点に関しては、その人の投資スタイル次第としていいようがありません。ロスカットをできるだけ回避したいということであれば、5倍のように低率のレバレッジをかけるのがよいでしょう。

 

 

 

ほかには、ロスカットは一定の証拠金維持率に達すると行なわれますが、何%かは取引所によって異なります。低いほどロスカットに引っかかりにくくなりますので、取引所を選ぶ際には重視したいポイントです。

 

 

 

また、ハイリスクでも大きく儲かることに賭けたいという人は、25倍のように高い倍率にすることを止められないのではないでしょうか。損失を被ることを避けたいというのであれば、追加証拠金なしの取引所がよいでしょう。

 

 

 

追加証拠金がなければ、元本以上の損失が発生することはありません。レバレッジ倍率だけでなく、ロスカットになるボーダーや追加証拠金の有無で取引所を選ぶことも大切です。

 

 

 

急激な価格変動に耐え得るレバレッジ倍率の設定が重要です。レバレッジ低め、ロスカットになる証拠金維持率が低いこと、追加証拠金がないことが、失敗のリスクを下げるポイントといえるでしょう。