仮想通貨の投資に利用したい銀行口座の選び方について

仮想通貨の投資に利用したい銀行口座の選び方について

仮想通貨の投資に利用したい銀行口座の選び方について

 

仮想通貨の銀行口座

 

仮想通貨投資で馬鹿にできないのが、銀行口座の選び方です。使える口座があればどこでもいいと思ってはいないでしょうか。地味ではありますが、ボディブローのように効いてくる要素がひとつあります。

 

手数料の存在

 

仮想通貨の投資で稼ごうと思うのであれば、無視してはいけないのが手数料です。当然、金額は低ければ低いほどいいということになります。手数料としては、取引所のアカウントにお金を入れる銀行振込の費用をあげることができます。

 

 

 

日本円を使い、仮想通貨を購入する頻度が高ければ高いほど、軽視することのできない要素です。仮想通貨投資をはじめようと思う人は、金額をチェックしておいて損はありません。なお、メガバンクと比較するとネット専業銀行のほうが手数料はかからない印象です。

 

見落としやすいポイント

 

どこ宛てなのかによって、銀行の振込費用というのは変わってくることがあります。自ら開設し、持っている銀行口座と、仮想通貨の取引所の指定口座が同一であれば自行宛てとなります。

 

 

 

これに対し、保有している銀行口座と、仮想通貨の取引所の指定口座が別であれば他行宛てです。自行宛てと他行宛てとでは、前者のほうが好条件なことがほとんどです。手数料は無料か、かかったとしても非常に安価なことが珍しくありません。

 

仮想通貨の投資に利用したい銀行口座の選び方について

 

一方の他行宛ては、銀行によって差が目立っていると感じられる状態になっています。なお銀行によっては、1ヶ月あたりの手数料無料回数に制限が設けられていることがある点も見落とさないようにしたいところです。

 

手数料を抑えるにはどうすればいい?

 

無駄に手数料をかけることなく仮想通貨投資を行なうための基本は、取引所の指定口座をチェックすることです。仮想通貨取引所の指定口座を持っていれば、手数料が安くなることが多いです。

 

 

 

そして銀行によっては手数料無料の回数が無制限で、他行宛てでも回数制限はあるものの、手数料タダでのトレードが可能なところもあります。

 

 

 

なお銀行により、手数料無料の回数を増加させるための条件が設定されていることがあります。ハードルが低い条件としては、1,000円以上の預金をしておくことなどで、このあたりの条件もチェックしたうえで好条件な口座を選択しましょう。

 

 

 

どのような投資のしかたをするのかにもよりますが、手数料だけで1回あたり百円単位の差が生じます。資金が潤沢にある人は気にしないでしょうが、年間で千円単位以上の違いが出てくるため、余計なお金をかけたくない人は要チェックです。