日本語にも対応の仮想通貨取引所のバイナンスについて

日本語にも対応の仮想通貨取引所のバイナンスについて

日本語にも対応の仮想通貨取引所のバイナンスについて

 

バイナンス

 

海外の取引所は日本語非対応のところが多いですが、バイナンスは日本語対応の仮想通貨取引所です。外国語に精通していない人にとってはこれだけでもありがたい話ですが、ほかにもさまざまな魅力があります。

 

 

 

取引所を決めるのに悩んでいる人はバイナンスの特徴を知り、利用するかどうか検討してみるとよいかもしれません。

 

仮想通貨の種類が豊富

 

国内と国外の仮想通貨取引所で大きく異なる点が、取り扱われている仮想通貨の種類です。日本で取り扱われている仮想通貨の種類が多いところでも、十数種類しかありません。

 

 

 

一方、バイナンスは80種類以上の仮想通貨が取り扱われています。国内で取り扱いのない、稼げる見込みのある多数の通貨があるのです。選ぶ楽しみがあるという意味でも、バイナンスはおすすめといえるでしょう。

 

手数料のパーセンテージが低い

 

日本の取引所では、ビットコインの手数料は非常に低いところが珍しくありません。取引所によっては、マイナスのパーセンテージに設定されていることもあります。

 

 

 

マイナスの場合、取引のたびにお金を貰えることを意味しており、頻繁に取引する人にはありがたい条件です。ただアルトコインに関しては数%と、割高な取引手数料になっているのが現状です。

 

日本語にも対応の仮想通貨取引所のバイナンスについて

 

これに対し、バイナンスは全仮想通貨の手数料が非常に低く設定されています。アルトコインメインで仮想通貨投資を行ないたい人にとって、これは大きなメリットになるでしょう。

 

安全な取引を行なうための対策がしてある

 

海外の仮想通貨取引所を敬遠する理由のひとつに、ハッカー攻撃による通貨の盗難・紛失があります。また、それに伴う取引所の閉鎖も、国外の取引所はやめておこうと思われる要因となっているのです。

 

 

 

バイナンスは、セキュリティ対策の一環として二段階認証が採用されており、メールアドレスとパスワードの入力だけでログインすることはできません。

 

 

 

また、1日に引き出し可能な金額にも制限がかかっています。引き出せる金額を増やすには、パスポートをはじめとする身分証の写真を、ネットを介して提出しなければいけません。手間はかかりますが、こうしたセキュリティ対策が導入されているため、取引での安全性が高まっているのです。

 

 

 

取引所に何を求めるか重視する要素は人によって異なるでしょうが、多くの人にとって優先順位の高い条件をバイナンスは満たしているといえるでしょう。海外の取引所を探している人は、ほかの取引所とも比較してみて、バイナンスがベストなのかどうかを考えてみるとよいでしょう。