国内にある仮想通貨の取引所の特長は?海外との違い

国内にある仮想通貨の取引所の特長は?海外との違い

国内にある仮想通貨の取引所の特長は?海外との違い

 

国内にある仮想通貨の取引所

 

大差はないと思われがちですが、国内と海外の仮想通過取引所にはさまざまな違いがあります。たとえば、取り扱っている仮想通貨の種類、手数料、日本円への対応、安全性などをあげることができます。どのような点が異なるのかをよく理解したうえで、仮想通貨投資をはじめることが大切です。

 

取り扱われている仮想通貨のバリエーション

 

日本国内と国外の取引所では、取り扱われている仮想通貨の種類に違いがあります。この点に関してですが、海外の取引所のほうが圧倒的に多いです。

 

 

 

国内で取り扱われている種類が多いところでは十数種類であるのに対し、国外では100種を上回る仮想通貨を扱っているところもあります。仮想通貨のバリエーションが豊富であるということは、それだけ稼げるチャンスが多いということを意味しているといえるでしょう。

 

手数料の高さ

 

国外の取引所に比べ、海外の取引所のほうが手数料は安いです。日本の有名な取引所で、仮想通貨を購入しようとすると8%前後の手数料を支払わなければいけません。

 

 

 

これに対し、国外では0.2%前後の手数料しか発生しないことが多いです。30〜50倍もの手数料の差は非常に大きく、日本での仮想通貨購入はやめておこうと思う人もいるでしょうが、特長もあります。

 

日本円が使用可能

 

当たり前といえば当たり前ですが、一番の強みは日本円が使える点です。国外の取引所では日本円非対応のことが多いのが現状です。

 

国内にある仮想通貨の取引所の特長は?海外との違い

 

法定通貨である日本円を仮想通貨にかえるには、はじめに国内の取引所の利用が必要といってよいでしょう。なお、取引所は大抵クイック入金に対応しているため、円滑に入金を行なうことができます。

 

安全性の高さ

 

現在、国内の取引所は法整備が行なわれたため、運営が許されるのは正規の業者のみであることが明確になっています。将来的には国の審査を受け、金融庁に登録してあるところでなければ取り扱いが不可能となります。

 

 

 

また、国外の取引所の場合、ただでさえ詐欺などが多発しているにもかかわらず、預けていた仮想通貨が盗難に遭ってしまったとしても自己責任です。トラブル時のサポートも日本語非対応であるため、英語など外国語を理解していないと厳しいといえるでしょう。

 

 

 

海外の取引所には海外の取引所のよさというものがありますが、国内にある仮想通貨の取引所にもよい点はあります。取り扱われている仮想通貨の種類や手数料が割高でも、日本円や日本語に対応していて、安全な投資をと思っている人は国内がよいでしょう。