VALUで個人に投資をして稼ぐことはそもそも可能なのか

VALUで個人に投資をして稼ぐことはそもそも可能なのか

VALUで個人に投資をして稼ぐことはそもそも可能なのか

 

VALUで稼ぐ

 

VALUはビットコインを使って個人に投資をし、稼ぐことが期待できるウェブのマイクロトレードサービスです。株取引と似た仕組みになっており、個人は株取引における株券にあたるVAを発行して資金調達を行ないます。

 

 

 

また、個人間でVAの購入と売却が可能で、VAを買い求めるために仮想通貨のビットコインが必要です。

 

VALUで個人に投資をして稼ぐ仕組み

 

考え方は株式取引と同じようなもので、VAを安く購入して高く売却することにより利益が出ます。個人の時価総額はSNSのフォロワー数などが基準となる点が、VALUの面白いところです。

 

 

 

はじめは無名でも、将来的に知名度が高くなれば、その人のVAを欲しいと思う人が多くなります。それと連動してVAの価格が高まれば、高騰前にVAを買った人は価格が上がった分だけ売却時には利益を得ることが可能です。

 

VALUで個人に投資をして稼ぐことはそもそも可能なのか

 

通常のクラウドファンディングの場合、個人が資金調達を希望している額が10,000円として、支援者は10,000円を出すだけとなるのが基本です。応援した人のCDや写真集が手に入る、自分と同じ夢や目標を持っている人の願望が叶って自分も満足できたなどの恩恵を受けることはできます。

 

 

 

しかし、出て行ったお金は基本的にそのままになってしまうのが、クラウドファンディングの特徴です。いわゆる投げ銭システムのようなものなわけですが、VALUは違い、時価総額の上昇により買った人も利益が得られる仕組みになっているのです。

 

VAの売買で儲けるにはどうすれば?

 

超有名人のVAは単価が高額であり、値上がりが期待できそうでも購入のハードルが高いです。そこで、少額でVALUを開始して稼いでいきたいと思っている人は、ダイヤの原石を探すのがよいでしょう。

 

 

 

いまはまだ知名度がなくても、資金調達の目的やその人の活動内容を見て、将来性があると思える人を探します。そしてVAが安いうちに購入しておくのです。

 

 

 

結果、思ったとおりに投資した個人が活躍してくれれば、VAの価格は上昇します。まったくの無名だった人が一気にブレイクするようなことがあれば、値上がりは凄まじいものになるでしょう。

 

 

 

どういう人が世に大きな影響を与えるのかを見抜くセンスは求められますが、当たれば大きな利益が得られます。もっとも、株式取引と同じく価格が下がって損失が生じることもありますので、この点は頭に入れておかなければいけません。

 

 

 

絶対に稼げるという保証はありませんが、VALUは個人に投資を行なうことで稼げる見込みが十分にあるウェブサービスです。何か投資をはじめて利益を得たいと思っている人は、候補にしてみてはいかがでしょうか。