仮想通貨のICOで稼ぐにはどんな事に注意すべきか

仮想通貨のICOで稼ぐにはどんな事に注意すべきか

仮想通貨のICOで稼ぐにはどんな事に注意すべきか

 

仮想通貨のICOで稼ぐ

 

仮想通貨のICOは、100%稼ぐことができる保証が設けられているわけではありません。失敗しないためには、事前にどのような落とし穴があるのかを知っておくことが重要です。主な注意点をご紹介しますので、ICOに興味を持っている方は以下の内容をチェックしてみてください。

 

詐欺事件の被害者になる

 

まだ歴史が浅い業界ということで、まだまだ法整備が不十分であり法律の抜け穴をかいくぐるような事例も出ています。これまでに、国の政府の許可を得ていることを謳い、発行された仮想通貨のICOがありました。

 

 

 

しかしフタを開けてみると真っ赤なウソであり、多くの人を失望させたケースがあったのです。ほかにも必ず儲かるということを謳い文句にしているケースもあり、これも実際に100%儲かるわけではありません。

 

 

 

誇大に該当するようなことをしていないか、しっかりと見極めたうえで投資を行なうことが、失敗を回避するためには大切です。法整備がまだ不十分と述べましたが、そのせいで被害者が法律によって守られないということを頭に入れておかなければいけません。

 

 

 

目利きができていれば、ICOの事業者と出資者が直接に売買し、お互いに余計なコストが発生しないメリットを享受することが可能です。事業者は資金調達という目的を果たし、出資者は将来的に価値と値が上がることによる利益などを得ることができます。

 

被害に遭わないためにはどうすればいい?

 

詐欺被害に遭わないためには、ホワイトペーパーのチェックは欠かせないでしょう。これは、どうして資金が必要なのかや、ICOへの参加のしかた、つくられた仮想通貨の使い道などが記載されているものです。

 

 

 

このホワイトペーパーを確認することにより、どのような目的があった仮想通貨を発行し、買った出資者にどういうメリットがあるのかわかります。外国語でまとめてあることも多く、英語などが苦手な人は参加をためらってしまうかもしれません。

 

仮想通貨のICOで稼ぐにはどんな事に注意すべきか

 

ただ、いまは翻訳アプリが優秀で、英語などが不得意な人であってもホワイトペーパーを読み解けるようになっています。また本気で稼ごうと思うのであれば、翻訳アプリやソフトに頼りつつ、外国語を勉強するのもよいでしょう。

 

 

 

そのうえで、少しでも怪しいと思った場合はやめておく、これはいいかもしれないと思ったら参加するか判断するようにしたいところです。

 

 

 

集めた資金を持ち逃げされてしまう事例も起こっており、投資するか否かは慎重に判断しなければいけません。ここで紹介したホワイトペーパーをチェックする方法や、悪評がネットでひろまっていないかを確認し、被害を回避しましょう。